後悔しない出産内祝いの選び方の紹介です

出産内祝いとは、出産祝いの品を頂いたお返しに贈る品のことをいいます。元々は子供が生まれた時に、おめでたいことがあった喜びを周囲の人に分けてお祝いするというもので、出産のあった家が親戚やご近所にプレゼントを贈ることを言いました。家(内)のお祝いで「内祝い」だったのですが、今ではお祝いのお返しという意味に変わっています。お祝いのお返しなので自分の贈りたいものを贈ろうと思う人もいるかもしれませんが、冠婚葬祭にはしきたりが色濃く残っているように、内祝いにも守らなければいけないことがあります。せっかくのお返しを贈るのですから相手に失礼にならず、喜んでもらえるものを贈りたいと思います。それには内祝いについて最低限のマナーと、それに適した品の選び方を知っておく必要があります。

気をつけなければいけないのは価格

お祝いのお返しということで、いくらぐらいのものを内祝いとして贈ればよいのか多くの人は迷うと思います。地域により風習はありますが、一般的には頂いた品の半額~1/3程度のものが相場と言われています。良い品物をお返ししたいからといって、頂いた品物と同等またはそれ以上の価格のプレゼントを内祝いに選んでしまうと、それは大変失礼にあたりますので、あまり高価になり過ぎないことも大切です。そして品物の選び方ですが、間違えない選び方としては「負担にならない」「実用性がある」というポイントは外せません。負担にならないものといえば食品や洗剤類などのいわゆる消えものが定番です。そして実用性では日常生活で使うことができる食器類やタオル類などが定番ですが具体的にどういったものが適しているのでしょうか。

実用性の中の特別感で華やかな内祝いに

出産内祝いというと出産祝いに対してのお返しです。出産祝いは意外と贈る機会が多いものなので、同じ数だけ出産内祝いを受けることになります。そのため、内祝いはいくつ受けても困らないものという視点で選ぶことも大切です。ただし、せっかくのお祝いのお返しなのであまり実用性重視の日用品や食品を贈るのも寂しいと思う人もいるかもしれません。そんな人に人気な内祝いは赤ちゃんが生まれた体重分のパックになったお米や赤ちゃんの名前またはイニシャルが入れられるタオルギフトやバームクーヘンなども人気です。内祝いに大切なのは贈る家で使ってもらえるものか否かという点にあります。自分が贈りたい品ではなく相手が活用できるかという視点で選び、そこに名入れなどのオリジナリティーを入れると特別感も出て華やかな内祝いとなります。