喜ばれる出産内祝いのベスト10

出産内祝いとは、出産のお祝いを頂いた方にするお返しのことを言います。赤ちゃんにとって人生初の誕生祝ということになりますので、祝って下さった方々への感謝の気持ちを伝える方法として贈り物をしますが、産後で忙しい中での贈るタイミングや相場もおおよそマナーがあります。お祝いを頂いたタイミングにもよりますが、出産後1ヵ月~2ヵ月以内となっています。昼夜問わずのお世話で体調も整わない中ですので、早めに頂いた方も遅めに頂いた方へも、この期間内にまとめてお返し手配をするということで大丈夫です。さまざまな理由でこの期間内が無理であれば、先方へお返しの品よりも先にメッセージカードなどを出しておくのも一つの手です。相場は頂いたお祝いの約1/3~半額ほどとされています。

喜ばれる出産内祝いの選び方とは

お祝いをしてくれる方々は、両親・兄弟姉妹・親戚・友人・同僚など、さまざまな立場になることが多いです。出産内祝いと言うと、お披露目も兼ねて赤ちゃんの名前入りというイメージが強いですが、記念品になって素敵な反面、相手の重荷になってしまう場合も少なからずあります。特にマグカップなどの「割れ物」に名入れをして、割れてしまった時に気まずくなる可能性もゼロではありません。名入れの品を贈る場合にはお菓子などの「消え物」が最適です。写真や名前をお知らせする手段として、感謝の気持ちを伝えるメッセージカードにそれらを添えるという手もあります。記念になりながらも相手に負担を掛けません。また、両親・近い親戚にとっては新しい家族の誕生となりますので、「消え物」以外・名入りの内祝いを贈っても喜ばれます。

出産祝いのお返し、内祝いのベスト10

出産の内祝いで喜ばれる贈り物の10位は「入浴剤」です。忙しい毎日の中で自分ではあまり購入しないリラックスアイテムである入浴剤は、プレゼントとしても人気があります。9位はこちらも普段は自分では買わないような「調味料」です。高齢の方へは普段使いの定番調味料が喜ばれます。8位は「洗剤」で、液体タイプが主流となっています。7位は「お米」です。赤ちゃんの出生体重と同じ重さに設定してくれる「赤ちゃん米」に人気があり、袋に赤ちゃんの写真や名前を入れることが出来ます。6位は「お酒」で、こちらも名入れがしやすい品です。5位は「コーヒー・紅茶セット」で、来客時にも使えるため重宝します。4位は「スイーツ」となり、バームクーヘンやカステラで名入れが人気です。3位は定番の「品質の良いタオル」です。2位は「カタログギフト」、1位は「商品券・ギフトカード」となっています。