出産内祝いはどれぐらいの金額が相場なのかを考えます

内祝いとは元々、自分の家でお祝い事があった時に、親しい人に記念の贈り物として配るものでした。お祝いを頂いたかどうかに関係なく、幸せをお裾分けするというような意味で贈られるものです。しかし、現在ではお祝いを頂いた際のお返しという意味合いの方が強くなっています。出産内祝いの金額の相場は、頂いた出産祝いの2分の1から3分の1の金額を目安にすると良いと言われています。例えば1万円の出産祝いを頂いたら、4千円から5千円程度の品物を出産内祝いとして贈るのが一般的です。両家の親族などから高額の出産祝いを頂いた場合には、少なめの金額にしても失礼ではありません。例えば、10万円の出産祝いを頂いた場合には、2万円から3万円程度の品物でもかまわないとされています。

頂いた出産祝いの金額が分からない場合

出産の祝いを現金で頂いた場合にはいくらもらったのか金額がすぐに分かりますが、ベビー用品などの品物で頂いた場合には、はっきり値段が分かりません。そういった時にはいくらぐらいの出産内祝いを贈ればいいのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。頂いた出産祝いの値段が分からない場合には、インターネットなどを利用してその品物の値段がどのくらいか調べても差し支えありません。頂いた品物の値段を調べるということに抵抗を感じる人もいるでしょうが、値段を把握しておくということはとても大切なことです。出産祝いにブランド品を贈ったのに、安い物と勘違いされてしまったらやはり哀しくなりますし、贈った出産祝いよりも高い金額の物を内祝いとしてもらっても恐縮してしまいます。

連名で出産の祝いを頂いた場合には

出産の祝いを何人かの連名で頂いた場合には、頂いた金額を人数で割ってその2分の1程度の金額を一人一人にお返しするのが一般的です。人数で割ると少額になる場合には、お返しをしなくても特に失礼ではありません。ただ、何もお返しをしないのが気になるという人は、ちょっとしたお菓子や雑貨などを配って感謝の気持ちを伝えても良いと思います。お礼のメッセージカードだけでも大丈夫です。職場などの同僚から連名で出産祝いを頂いた場合には、一人一人の家に宅配便などで送付すると送料の方が高くなってしまうということもあります。そういった時には、会社宛にお菓子などを送付して、配ってもらうようにする方法がおすすめです。個別に出産祝いを頂いた場合には、その方の家に内祝いを贈るようにします。