出産内祝いで人気がある物の紹介部屋

出産祝いをいただいたら、そのお礼として内祝いを贈る必要があります。一般的には、一か月後のお宮参りの頃に渡すものですが、遅くても二か月以内には贈ることがマナーとなっています。出産内祝いでは、何を選んだらいいのか迷ってしまう人も多いものです。内祝いは半返しをするのが一般的であり、いただいた金額や商品の半分程度の値段のものを選ぶようにします。つまり、1万円のものをいただいた場合には、5千円程度の品を探すことになります。せっかくの贈り物は相手に喜んでもらえる品を選びたいものですが、自分たちが良いと思っていても相手にはいらないものとなる可能性も秘めています。無難なものであれば安心ですが、そこにちょっとしたアイデアや気持ちが加わっていれば、喜んでもらえるギフトとなります。

赤ちゃんの名前や写真を入れたもの

出産内祝いは、出産祝いをいただいたお礼として用意する他にも、赤ちゃんのお披露目の意味も持っています。赤ちゃんとともに訪問して会ってもらうのがベストですが、遠方にいる人になれば直接会って渡すことができないケースもあります。そんな時に、どんな顔の赤ちゃんなのか、名前は何かというのを教えるためにも出産内祝いにちょっとした工夫が必要になってきます。今日ではギフトにもさまざまなサービスがあり、名入れや写真を入れてもらえるサービスはとても人気があります。口頭では忘れてしまうこともありますが、赤ちゃんの名前が入っていれば覚えてもらうことにも役立ちます。商品に直接入れるという方法も用意されていますが、近しい人でなければかえって迷惑になる可能性もあるので、ラッピングなどに入れてもらうといいでしょう。

好きなものを選んでもらうカタログギフト

出産の内祝いで定番ともなっているのがタオルや洋菓子類ですが、無難でありながらもタオルはたくさんあるのでいらないという人や、甘いものは食べないなど好みによっても喜ばれるものが違ってきます。どんな人に贈るにもぴったりなのが、カタログギフトです。予算に合わせてカタログを購入した後には、熨斗も付けてもらうことができます。カタログに掲載されているものの中から好きなものを選んでもらうことができるので、間違いなく気に入ったものを手にしてもらうことができます。食品類も掲載されているので、何も欲しいものがなかったというトラブルを避けることもできます。一般的には商品を一つ選んでもらうことになるのですが、予算に合わせて2つや3つ選んでもらえるようなサービスも用意されています。